透析室.jpg

適正透析

​私たちが目標とする

目標とする "適正透析"

  • 透析量が十分に確保できている(4.0〜6.0時間透析、spKt/V>1.4)

  • 良好な栄養状態である(alb>3.8 g/dl :65歳未満、alb>3.6 g/dl:65歳以上)

  • 貧血が適正レベルである(Hg10.5~11.5g/dl)

  • カリウムの管理ができている(3.5~5.5mg/dl)

  • リンの管理ができている(3.5~6.0mg/dl)

  • 血圧の管理ができている(120≦透析前収縮期血圧≦160mmHg)

  • 透析間体重増加が基礎体重の3%~6%である(減塩ができている)

  • 歩行速度(≧0.8m/秒)が保たれている(横断歩道の信号が渡れる)

  • 筋肉量が保たれている(骨格筋指数(SMI) 男性 7.0㎏/㎡未満 女性5.7㎏/㎡未満)

  • 低分子毒素や中分子毒素(β2MG)が十分に除去されている(β2MG≦25mg/L)

  • 炎症がない(CRP≦0.3mg/dl)

 

[当院の管理目標値]

透析医学会の平均値も含めてご紹介します。おひとりおひとりの患者様と向き合い、目標に近づければと考えています。

当院の管理目標値01.jpg

[アルブミンの平均値]

年齢と共に目標値が変わります。基本は3.6以上ですが、高齢になれば低下するのも仕方ありませんが平均値以上(0.5~1.0以上)を目標にしています。

当院の管理目標値02.jpg

食事療法の重要性

透析患者はエネルギーが必要です。
1日35kcal~40kcal(標準体重の1kgあたり)食べてください。
蛋白質もしっかりとる必要があります (1g~1.2g/標準体重の1kgあたり) 。
蛋白質は透析治療でも抜けてしまいます。そのため、 過度な蛋白質の制限は免疫能力を低下させ、痩せる原因になりますので、透析になったら、食事療法の考え方を変えていただく必要があります。

また、透析間の体重増加が多いと、心臓に負担をかけます。一番大切なのは水分制限ではなく、塩分制限です。目安として、1日あたり6g以下に抑えましょう。
体内の塩分濃度を調節するのに、約8gの食塩を摂取すると1リットルの水が必要になると言われています。のどが渇くのは抑えることはできませんが、塩分を制限することで水分を必要以上に飲む事はなくなります。
もちろん、食事をしっかり取っても、運動をしなければ、身になりません。
運動も忘れずに行うことも重要となります。

 

透析医療の自主機能

評価指標の公開

日本透析医会の提唱する自主機能評価指標に基づき当法人の指標を公開します。
 

 

JR中野駅より徒歩4分

電話-白丸.png

中野南口クリニック
人工透析・血液透析・旅行透析

*通院が困難な患者様には送迎を行います

※祝日も通常の曜日通り治療いたします
(月水金の祝日の診療時間は
8:30~13:30、14:00~18:00の二部制となります)

​※開始時間はご希望時間をご相談ください

横ー白-ロゴ.png